11/30交通安全指導

碧南警察署の警察官に来て頂き、交通安全指導を行いました。

園庭にパトカーが登場すると、子ども達は大興奮。間近で見るパトカーや警察官に目をまん丸にしていました。

「横断歩道を渡るとき、皆さんは体が小さいから、どうしたら車の運転手さんに見つけてもらえるように 体を大きくできるかな?」という警察官の質問がありました。

(手を挙げる)という回答を期待していたのですが、

せ〜の で出た子ども達の答えは

「ご飯を食べる〜」

でした。

これには警察官も失笑していました。

その後、横断歩道を渡る練習をしました。

年長組は、チビッコ警察官の服を着ることもできました。

交通安全に興味を深めた一日、最後に警察官の方が、職員に

「親の意識がなければ、子どもは交通ルールを守ろうとしません」とおっしゃっていました。

「嫌がるからと言って、子どもにはチャイルドシートをさせていないで、自分だけシートベルトをしている人をみかけます。事故にあった時、自分だけ助かるなんて・・」とも話して下さいました。

シートベルトやチャイルドシートは「おまわりさんに捕まらないように」している訳ではありません。

「命を守るために」シートベルトやチャイルドシートが大切であり、交通ルールが決められている事を、この機会にもう一度伝えていきたいですね。

takahama


最近の投稿

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31